スポンサーリンク

スポンサーリンク

スキンケア

悪評?ライスフォースが肌に合わない理由を解説

投稿日:

ライスフォースの悪評

私自身はライスフォースのスキンケアを使うようになってから乾燥肌が改善し肌の肌理(キメ)が整ったのを実感していますが、ライスフォースを試した全ての人がそうとは限りません。

スポンサーリンク

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


ライスフォースの評判を調べてみるとライスフォースを使ったら「かゆみが出た」「肌荒れした」「効果を実感できなかった」などの悪評も見かけます。

最近はSNSやブログで簡単にスキンケア商品のリアルな評判を知ることができるため、商品を試してみる前に口コミを調べる方も多いかと思います。

しかし、1つでも悪評を見つけてしまうと何だかトライアルキットを注文するのも躊躇してしまうものです。

 

とはいえ、全ての人が効果を実感することができる完璧なスキンケア商品というものはないわけです。

ですのでライスフォースに限らずスキンケア商品に悪い評判があるのは当たり前といえます。

ただ、これからライスフォースを使ってみたいと思っている方はその悪評が自分にも当てはまるのか!?というのが気になるところかと思います。

どのような肌だとライスフォースが合わないのか?

私なりに考えたライスフォースの肌に合わない悪評について書きたいと思います。

ba5af90a83f6d1b87ceb4c69686520e5_s

ライスフォースの悪評|かゆみ・肌荒れ

成分が合わない

ライスフォースの悪評で一番よく見られるのがライスフォースを使ったらかゆみが出た、肌荒れをしたというものです。

肌が綺麗になるどころか逆に汚くなった!

なんてことはスキンケア商品を試す上で一番避けたいパターンです。

なぜ同じスキンケア商品を使って肌が綺麗になる人がいれば肌荒れしてしまう人がいるのか?

まず最初に疑いたいのは「肌に合わない成分が入っている」です。

 

ライスフォースの有効成分は「ライスパワーエキス」と呼ばれるお米から作られる成分です。

お米ということもあって日本人には馴染みやすい化粧品かと思いますが、お米アレルギーがある人が居るのも確かです。

ただ、ライスフォースのライスパワーエキスはお米をそのまま使うわけではなく、白米を原料に独自の技術でお米のエキスを抽出しそのエキスを発酵・熟成させたものとなります。

化学物質とアレルゲンは含んでいません。

そしてライスフォースはアレルギー刺激テスト済みとなっています。

ですので、お米アレルギーがある人でもライスフォースは使えるように対策がとられているわけですが、やはりこれも全ての人に当てはまるわけではないので注意が必要です。

 

ライスフォースを使ってすぐに肌にかゆみが出る、肌荒れするといった場合はライスパワーエキスを含めライスフォースに合わない成分が入っていることが考えられます。

こればかりは使ってみないとわからない部分ではありますが、元々アレルギーが多い方や肌が敏感な方は被害を最小限に留めるためにもトライアルキットを使って最初に顔以外の部分でパッチテストをすることをおすすめします。

IMG_3792

>>ライスフォーストライアルキット

スポンサーリンク

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


肌のバリア機能が低下しすぎている

そしてもう一つ、ライスフォースでかゆみ・肌荒れが出てしまう人で言えるのが「肌のバリア機能が低下しすぎている」ということです。

どいうことかと言いますと、ライスフォースは保湿効果が高いことで評判のスキンケア化粧品です。

そうなりますと、ライスフォースを試してみようと思う人は肌が乾燥している人だったり、乾燥から肌が荒れてしまっている人が多いかと思います。

中には乾燥肌を改善しようと様々な保湿化粧品を試してからライスフォースにたどり着いた人もいるかもしれません。

 

通常ならライスフォースを使うことで肌の水分を保持する力(セラミドの生産量)を上げることができます。

しかし、肌のバリア機能が低下しすぎている状態の肌ですとその保湿成分ですら刺激となってしまう場合があるのです。

これはライスフォースだけではなくそれ以外の化粧品を使ってもかゆみ・肌荒れが出てしまう可能性がある状態です。

 

スキンケア化粧品は「薬」ではないので肌のコンディションが悪い時に新しい化粧品を使ってもすぐに治るものではありません。

この様な状態のときは、十分な保湿成分を与える以前に「肌への刺激」を減らすことが第一選択となります。

肌への刺激を減らすことで肌自らが肌のバリア機能を修復してくれます。

そして肌のバリア機能が少し改善してきてからライスフォースを使うようにすれば、かゆみや肌荒れが出ることなく使えると思います。

それどころかライスフォースの保湿効果を十分に実感できるかと思います。

 

ちなみに肌への刺激を減らすためには以下のことを取り入れることをおすすめします。

・期間限定でも良いのでノーメイクにして石鹸やクレンジングによる刺激を減らす

・通常のスキンケアをやめてワセリンなどの刺激の少ない保護剤を使用する

・日焼け止めクリームをやめて帽子や日傘などで紫外線対策をする

・顔を洗うときなど肌をこすらないように極力意識する

【関連記事】

脱クレンジングをしたい方におすすめのミネラルファンデはこちら↓

>>クレンジングをやめたら乾燥肌が改善してきれいになった!

 

また、スキンケアがしみるほど肌荒れしている場合は一度皮膚科を受診することをおすすめします。

ライスフォースの悪評|効果がない

ライスフォースに限らずスキンケア化粧品の悪評で必ずあるのが「効果が実感できない」という感想です。

私も今まで使ったスキンケア化粧品で効果を実感できなかったものがあります。

ただ、肌の変化が感じられなかったからといってそのスキンケア化粧品の質が悪いとは一概にはいえません。

もしライスフォースを使って肌への効果を感じられない場合は以下の2つのことが考えられます。

肌の角質が溜まっていて浸透していない

今まで同じスキンケア化粧品を使い続けていて「なんだか浸透感がなくなった」という経験をしたことがないでしょうか。

これは老化角質が溜まり肌が厚くなってしまっていることが考えられます。

特に冬など寒くて乾燥する時期は、肌の水分保持力や水分量が低下しやすくなります。

そうしますと、肌のバリア機能が低下するため肌は体を守ろうとして厚くなってしまうのです。

その状態ですとどんなに良いスキンケア化粧品を与えても浸透していかないため、効果が実感できないのです。

 

ライスフォースを使ってみたけれど効果が感じられないという方は「拭き取り化粧水」「軽いピーリング」などで老化角質を取り除くスキンケアをおすすめします。

今の肌に必要ない

そしてもう一つは、肌の状態が良好なため必要がないということです。

若い年齢の人がアンチエイジング化粧品を使っても効果が得られなかったり、子供に化粧水を塗っても変化が見られないのと同じです。

ライスフォースの効果が得られないのは、肌に水分がたっぷり含まれていてバリア機能が正常に働いている状態だからかもしれません。

ターンオーバーの周期も正常ということですので、これ以上肌の変化は見られないということです。

肌の調子が良くてライスフォースの効果が実感できないときは無理に塗る必要はありません。

肌の状態を見てスキンケアを減らしたり足したりするようにしましょう。

ライスフォース悪評まとめ

スキンケア化粧品の悪評と聞くとただ単に化粧品の質が悪い様に感じられますが、自分の肌の状態に問題がある場合もあるということがわかっていただけたかと思います。

その状態も化粧品に救って欲しいという気持ちもわかりますが、自分の肌にもちゃんと回復力があって化粧品はそのサポート役に過ぎないということです。

ライフォースの主成分である「ライスパワーNo.11エキス」はこの肌のサポート役としてとても優秀で私は気に入っています。

 

また、肌の質というのは本当に十人十色です。

全ての人の肌に合うスキンケア化粧品というものはないです。

ですので、ライスフォースに限らず悪評だけで気になるスキンケア化粧品を避けることはもったいないです。

自分の肌の可能性を広げるためにも、自分の肌をしっかり把握しスキンケア化粧品と付き合っていきましょう。

 

私なりのライスフォースの悪評についての考えでしたが、これからライスフォースを試してみたいという方の参考になればと思います。

個人的にはライスフォースはおすすめです。

私にとって乾燥の酷い冬は手放せないアイテムとなっています。

 

また、肌の状態に自信がないけれどライスフォースを使ってみたいという方は、最初からライスフォースの化粧水・美容液・クリームの3つを重ね塗りせずに刺激の少ない美容液やクリームなど1種類から始めてみるのもおすすめです。

初回限定のトライアルキットはこちらから>>>ライスフォース

【関連記事】

ライスフォースと同じ成分を配合した米肌と比較してみました。

>>ライスフォースと米肌の違いを比較!どっちがおすすめ?

スポンサーリンク

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


Source: 美人の美容辞典〜今よりもっと美肌になる方法〜
悪評?ライスフォースが肌に合わない理由を解説

スポンサーリンク

-スキンケア

Copyright© feminine|女子力が上がる美容情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.