スポンサーリンク

スポンサーリンク

美容全般

夏には夏の洗顔を!美肌をつくる正しい方法

投稿日:

ムシムシ暑く、肌のベタツキやあせもで悩む女性が多いこの季節。高温多湿な日本の夏は、敏感な肌には危険がいっぱいなんです。

今回は、夏こそ洗顔が重要!夏だからこそのおすすめスキンケア方法をご紹介します。

夏は落とすべきものがいっぱい!

shutterstock_645405226

夏は気温の暑さや汗、皮脂分泌を抑えるため、たくさんの化粧品を顔につけていませんか?

例えば、日焼け止め、ウォーターブルーフの落ちにくいマスカラ、よれにくくする強力ファンデーションなど肌に負担をかけるものがいっぱいです。

それに加え、皮脂汚れや紫外線、エアコンの下の乾燥やほこりなどで肌の免疫力が弱まり、雑菌やシミ、シワが出来やすくなってしまいます

そんな肌はしっかり洗顔して汚れを落とすことがとても重要です。一旦リセットさせ、トラブルから肌を守ります。


夏には夏のスキンケア方法のすすめ♡

shutterstock_108500021

夏は、暑いし、汗をいっぱいかくからと1日に何度も洗顔していませんか?

何度も洗顔するのはNG!逆に肌の必要な皮脂まで取り去って、ますます肌を乾燥させてしまいます。そこで夏の洗顔のおすすめスキンケアポイントをご紹介します!

夏は汗や皮脂に惑わされて正常な判断がつかず……。

「ベタつくから」と洗顔しすぎて角層を薄くし、肌を乾燥させてしまったり、「あまり汚れていないから」と化粧水の拭き取りだけで済ませることで、汚れが残りターンオーバーが乱れて角層が厚くなってしまったり。

“肌の適正”を保つことができず、どんどん不安定になって敏感肌に。

洗顔のしすぎで肌が敏感に!~美容賢者松本千登世さんのクレンジング見直し法


ぬるま湯で洗って最後に水で仕上げを!

shutterstock_440166898

洗顔はぬるま湯でおこないましょう。

皮脂は脂(あぶら)ですから、高い温度にさらされることで溶け出します。

つまり、熱いお湯で顔を洗うと必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるんです。

反対に冷たい水だとどうかというと、毛穴がキュッと引き締まってしまい毛穴に詰まった汚れを落とすことができなくなってしまいます。

これがニキビや吹き出物の原因になってしまうことも・・・。

ぬるま湯洗顔、適温は何度?熱いお湯で洗顔したらダメなの?

冷水で洗顔をすると顔の余計な油分を落としにくく、しっかり洗い流すことができません。

洗顔料をつける前にぬるま湯で顔を濡らして、しっかり泡を手の平で泡立てた後、顔に乗せます。

そうすれば肌摩擦を防ぎ、泡も立ちやすくなります!


Tゾーン(べたつく場所)はしっかり泡洗顔を!

shutterstock_145488505

皮脂分泌の多いTゾーンはしっかり泡立てた泡で、洗いましょう。

この時、ゴシゴシ洗うのではなく泡のクッションでそっと転がすようにします。その他乾燥が気になるところはなでるように優しく素早く洗ってくださいね。


洗い終わったらしっかり保湿を

済 サボリーノ新作、桃、プラザ、aha_180720_0045

すすいだ後は、清潔なタオルでそっと抑えるように水分をふき取り、早めに化粧水や乳液でしっかり保湿しましょう。

そうすれば、日中の空気の乾燥にも負けない潤い肌が保てます。


夏には夏の洗顔方法があります。ポイントを押えて夏のダメージに負けない美肌作りを目指してくださいね。

Source: beautyまとめ
夏には夏の洗顔を!美肌をつくる正しい方法

スポンサーリンク

-美容全般

Copyright© feminine|女子力が上がる美容情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.